起源はインドの占星術

インドに渡り独自の解釈をされた東洋唯一のホロスコープ
っ現在の宿曜占星術は仏教とともに中国に渡り、翻訳されたもので、日本では空海が「仏教の経典」として日本に持ち帰り伝承しました。

宿曜占星術の特徴を一言で言うなら「その人の生まれた時の月の位置で占います」
その人が生まれた時に月がどの位置にあったのか でその人の宿を割り出します。

どんなことがわかるのか?

特に人間関係の深い部分を知るのに発揮します。

人間の表面的な部分だけでなく、その人の人格に秘められた感情、日ごろは隠されている裏面を驚くほど言い当てることができます。
また、対人関係を読み解くことに発揮し、ただの気が合う、気が合わないといった相性だけでなく、勝ち負けの関係がはっきりとわかるところが独特です。
これを知ることで、ビジネスや、日常の人間関係においても上手な付き合い方や対処法がわかります。

事実、この占いは政治や戦いに使われてきました。戦略的に利用してきたのです。
そのため、昔の武将達は自分の宿を恐れて、生年月日を明かさなかったといわれるほどです。

宿曜は前世を映鏡  

宿曜占星術ではあなたが前世でどのように生きてきたかわかります。
また、今世~来世はどのような人生を送るのかまでわかります。
西洋占星術では12分類
宿曜占星術ではさらに詳しい27分類の宿曜です。

宿曜占星術を学ぶことで、恋愛、ビジネス、その他人間関係など相手との距離を判断し隠れた関係を理解し、改善方法を学びます。

講座の内容

  • 宿曜占星術とは
  • 宿の意味
  • 各宿の特徴
  • 各宿の相性

講座の時間と料金

10時間  48,000円